2018年5月4日、動画配信サービス「Paravi(以下パラビ)」にて配信中の『パラビき!パラビき!あらびき団~四天王編~』の1回戦の折り返しとなる4ブロック目の戦いの模様が配信された。

このブロックで対戦する四天王候補生は、ドドん、ミヤシタガク、さや香 新山、マヂカルラブリー、なかよし、綾瀬早紀、ゆーびーむ☆、BAD×TENの8組。女性ゲストには、元NMBの門脇佳奈子が登場して、ライト東野・レフト藤井と共に戦いを見届ける。

20807_arabiki#4_03.jpg

今回の注目株は、2017年のM‐1グランプリのファイナリストに選ばれ、ベスト3には残らなかったものの、美味しいところを持って行ったさや香 新山とマヂカルラブリーだ。特に、さや香 新山はR-1グランプリ準々決勝まで進んだということもあって、ライト東野が「客寄せパンダ的にスタッフが声をかけたに違いない」と分析。すると、スタッフが『パラビき!パラビき!あらびき団』の知名度向上のために、関西で人気のさや香 新山にオファーをしていたと告白して、レフト藤井と門脇を驚かせる。

20807_arabiki#4_02.jpg

そして、今回は新山本人の意思で出演したわけではないため、「途中から誰のモノマネしてたか忘れてた(何をしたかったのかわからなくなってた)」から、「これ、(『パラビき!パラビき!あらびき団』に出たことを)一番に忘れるパターン」と未来を予言する。

20807_arabiki#4_004.jpg

一方のマヂカルラブリーは、漫才ではなく『あらびき団』恒例のラップバトルネタを披露。ライト東野からは、「またコレかと思ったけど、しっくり来るわ」と高評価を得る。

20807_arabiki#4_06.jpg

このほかにも、時事ネタを題材にしたパフォーマンスかと思いきや、まだ世間に知られていないインディーズ芸人たちの身の回りで起こったことにツッコみ続けるパフォーマーや実際に体を張ってギャラを獲得しようと奮闘するグラドルに、2700のツネが率いる(地上波NGの)デンジャラスパフォーマー集団などが続々登場する。

20807_arabiki#4_0005.jpg

そして今回の戦いでは、ライト東野のお眼鏡にかなった合格者だけでなく、「追試」という名目で2回戦にコマを進めるパフォーマーも出現。予測不可能な戦いを見逃すな!

パラビでは、完全オリジナル作品の『パラビき!パラビき!あらびき団~四天王編~』。「パラビ」に加え、過去の『あらびき団』地上波シリーズも好評配信中。

(C)TBS/吉本興業