TBSにて2018年7月期に放送される土屋太鳳主演の金曜ドラマ『チア☆ダン』に、広瀬すずが出演することが発表された。

広瀬は、昨年3月に公開された映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』で、主人公の友永ひかりを演じていた。ドラマ版は、この映画の9年後を舞台としたオリジナルストーリー。広瀬は、9年後の友永ひかり役として、特別出演を果たす。

プライベートでも親交があり、仲が良いという土屋と広瀬だが、共演は映画・ドラマを通してこれが初。CMの撮影やイベントで一緒になる中で「いつかお芝居でも共演できたら」と話していたという土屋は、「共演できると知った時は本当に嬉しかったです。実際、現場で一緒にお芝居をすると、こういう風にいろんな役を演じられてきたんだなと、すごく驚いています」と喜びを語った。

広瀬演じる友永ひかりは、全米チアダンス選手権大会で初めて優勝を果たした初代「JETS」のセンターであり、土屋演じる藤谷わかばの憧れの存在。ドラマでは、母校に教師として戻り、副顧問兼コーチとして後輩を指導している。撮影では、映画では実現できなかった福井ロケに参加し、『チア☆ダン』のモデルとなったチアリーダー部「JETS」の母校、福井県立福井商業高等学校を訪れたという。

出演発表にあたり、広瀬と、本作のプロデューサーを務める韓哲よりコメントが届いている。

◆広瀬すず>
私は本当に映画『チア☆ダン』で、努力することの大切さなど、多くのものを教えてもらいました。今回ドラマ化すると聞いて、いろんな想像があったんですけど、(主演が)太鳳ちゃんと聞いて絶対大丈夫だなと思いました。『チア☆ダン』という作品がどんどん大きな華になっていっているのがとても嬉しいです。応援しています! 私の『チア☆ダン』に対する思いが、太鳳ちゃんにとっても同じようになったら嬉しいなと勝手に思っています(笑)。太鳳ちゃんがんばって!

◆韓哲(プロデューサー)
この世代を代表する2人の女優の共演がこのドラマで実現し、関係者全員が喜びました。広瀬さんに台本をお渡ししてお願いした時、二つ返事で快諾してもらい、ドラマも大事に思ってもらえたことにとても感謝しました。ドラマ出演にあたり、役を取り戻すために10時間以上のダンスレッスンをしていたことを後から聞きました。ダンスシーンはないのですが、それだけの気持ちを持ってドラマの出演に準備をしてくれたことにとても感謝しています。

『チア☆ダン』は、7月よりTBSにて毎週金曜夜10:00から放送される。その後、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」にて配信予定。

(C)TBS