『国産より3割安い カナダ産ポーク』動画はこちら

東京・渋谷区の「代官山ハイライフ ポーク テーブル」は、ハーブや麦を食べさせた日本人向けの三元豚カナダポークを輸入し提供している専門店です。

TPP発効前は4.3%だった豚肉の関税が、2019年には1.9%まで引き下げられました。店を手掛けるハイライフ ポーク ジャパンは、カナダポークの輸入量を2018年比で10%増やしたといいます。「TPPの効果はあった。生産コストがカナダのほうが約3分の1安いので、国産豚肉と同等の品質のものでも約3割安く提供できる」とシニアアカウントマネージャーの佐藤善紀さん。

20200219_business_01.jpg

渋谷区のスーパーでは、豚肉エリアの半分弱をカナダ産が占めていました。ロースの切り身100グラムあたりの値段は、国産248円に対してカナダ産は168円。

20200219_business_02.jpg

今後、日米貿易協定が承認されれば、アメリカ産の関税もTPP加盟国と同じ水準まで引き下げられるため、競争激化による消費者への恩恵が期待できそうです。

『国産より3割安い カナダ産ポーク』動画はこちら

この映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年11月29日放送)の内容を配信用に再構成したものです

テレビ東京の経済報道番組とTBSの「がっちりマンデー!!」を"早見"できる「パラビジネス 見て得する!サクッと経済」は毎日配信中。

(C)テレビ東京

パラビジネス 1月人気ランキング
1位 ガイアの夜明け 朝食で新発見する台湾
2位 花王 "人工皮膚"技術でスキンケア家電
3位 「乗り心地」追求 東海道新幹線の新型車両
4位 カップヌードル「謎肉」の未来は?
5位 ダイソン初の加湿空気清浄機