20200110_nikkei_28.jpg

瀧口:需要予測って皆さんが好きなものの最大公約数を取っていくというイメージがあって、まさにユニクロのイメージなんですが、松本さんの目から見ていかがですか?

松本:そうですね。まさに瀧口さんがおっしゃったように、ユニクロさんのような大勢の人が気に入るものを見つけていくというのは、AIの力を借りて割とできそうなイメージなんですけど、先ほど渡辺さんがおっしゃったようなニッチな部分。そこがファッションにとってはとても重要で、明らかに一定の人たちはそこを求めている。

そこまできめ細かくできるということになれば、かなり大きな変革が起きるかなと思っております。最近は服が売れない時代と言われる中で、一番深刻な問題は服を売る従業員さんが育っていないということなんですが、AIを導入することによってますますそういった有能な販売員さんが育たないんじゃないかなという懸念も少々ありますが、その辺はいかがでしょうか。

20200110_nikkei_29.jpg

渡辺:AIが販売員さんのようにお客様に提案をしたり、そういったことをサポートしていくということは間違いないと思うんですけど、あくまで今現在のAIで言うと、販売員さんの接客能力に対しては到底まだまだ及ばないという現状であります。あくまで販売員たちがお声がけできなかったり、ECサイトのようなウェブのインターフェイスであったり、販売員さんの接客が届かない部分を補完する役割になるかと思います。

松本:共存するということですね。

渡辺:あくまで販売員さんの手の届かないところを補完して共存して、お客様に対してよりよいサービスを提供する時代かなと思っております。

瀧口:先ほどユニクロの話が出ましたが、渡辺社長ご自身はアパレル不況の中であれだけ売上が伸びているユニクロの戦略はどうご覧になりますか?

渡辺:ビジネスモデルとして捉えると非常に優秀だと思いますし、まさに不況と言われている業界の中であれだけの成果を出しているというのは素晴らしいと思っております。ただもともとアパレルが抱えている在庫の問題やお客様に適切な商品を適切な場所で適切なタイミングで届けるという意味では、解決している問題というのはまだ一部だと思っておりまして・・・。

というのもユニクロさんの戦略としては割と需要が読みやすいベーシックな需要の大きいところに商品のターゲットを絞って、それを低コストで素早く作るということによって無駄のないアパレルのビジネスモデルというのを確立されたと理解しているんですけど、例えばまだまだニッチな商品だったりトレンド性の高いところは今のユニクロさんのビジネスモデルではカバーしきれないのかなと思っております。そういった商品も含めてより課題を解決していくためには、もう一つ別のアプローチを見据えないといけないかなと思っております。

瀧口:松本さんの目には(ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長の)柳井(正)さんの戦略はどう映っていますか?

20200110_nikkei_31.jpg

松本:先日柳井会長を取材させていただく機会があったんですが、柳井会長がおっしゃるには今服が売れないのは消費者の価値観が変わって、その価値観の変化にアパレルが対応していないからだということでした。価値観の変化というのは昔は高い服やあのブランドを着たいということで自己表現していたのが、今は自分の価値観はこうだからこの服を組み合わせて着るというものです。

なのでユニクロさんは自分たちの服は部品であるとおっしゃっていました。そういった個人の消費者の服にする価値観の変化というのは徐々に進んでこれからも変わっていくと思うんですが、そういった部分はAIで可能性が見出せる部分もあるんでしょうか。

20200110_nikkei_32.jpg

渡辺:まさに柳井さんの考え方は僕自身も共感できるところですし、今後ももっと多様性のある、ニーズの多様化という言葉も進んでいくのかなと思います。究極的には一人のための洋服というところにいずれ行きつくのかなという気もしますし、そういった時代に近づけば近づくほど、今でさえバラエティ豊かな商品のラインナップがもっともっと広がるわけですので、その広がったラインナップをどう需要とマッチングさせるのか、ここはより問題としては難しくなっていくと思います。そういった時代にあってはAIやデータの活用というのは不可欠かなと思っております。

瀧口:では後半でも詳しく伺っていきたいと思います。ありがとうございました。

(C)Paravi