『イトーヨーカドーに「たこ焼きロボット」導入』動画はこちら

千葉・幕張にあるイトーヨーカドーに、たこ焼きロボットが導入されました。ショッピングセンターのフードコートとしては全国初で、人手不足対策の救世主となるでしょうか?

ファミリーレストラン「デニーズ」などを運営するセブン&アイグループの企業が導入したたこ焼きロボット。スタートの指示を出せばあとはすべて自動で作ってくれます。

20191226_business_02.jpg

鉄板に油を注ぎ、生地を注入、タコなどの具材を入れていきます。そして、焼きながらたこ焼き機を振動させ丸い形に整えていきます。

焼き加減はロボットに搭載されたカメラでチェック。1回で最大96個のたこ焼きを作ることができます。

20191226_business_03.jpg

たこ焼きロボットを導入した理由は人手不足。たこ焼きは商品の特性上、人がつきっきりでなければ調理できません。その部分に人をあてなくて済むのは、経営面でもメリットがあります。今後はこの店舗での反応を見て、他の店舗にも導入を検討したい考えです。

『イトーヨーカドーに「たこ焼きロボット」導入』動画はこちら

この映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年10月16日放送)の内容を配信用に再構成したものです。

テレビ東京の経済報道番組とTBSの「がっちりマンデー!!」を"早見"できる「パラビジネス 見て得する!サクッと経済」は毎日配信中。

(C)テレビ東京

【総合】パラビジネス年間ランキング2019
第1位 YouTuber解体新書 #1 YouTuberという職業
第2位 ラグビーW杯でビール特需?
第3位 なぜ安い?価格1100万円の「箱型住宅」
第4位 世界最高峰ホテル「アマン」に初潜入
第5位 池上彰が気づいた「わかりやすさの罠」とは? 前編