『乗ってみたい!空飛ぶ「未来のタクシー」』動画はこちら

8月5日は、日本で初めてタクシーの営業が始まった日とされ、「タクシーの日」といわれています。現在タクシーの未来を変える新たな取り組みが動き始めています。

「タクシーの日」にちなみ、2019年8月5日横浜市でタクシーの利用促進をPRするイベントが行われました。日本のタクシーは、1912年8月5日に、アメリカのフォード車6台のみで営業がスタートしたといわれ、今では23万台以上が走行し、配車アプリの活用なども進められています。

20191031_business_02.jpg

そんな中、NECが開発を進める「空飛ぶ車」の試作機が発表されました。自律飛行などに関する最新の制御ソフトやモーターを搭載しています。

まだ人を乗せることはできませんが、150キロまでの荷物を積むことができます。

20191031_business_03.jpg

開発に携わるCARTIVATORの福澤知浩代表取締役は「有人の飛行試験を年内にはスタートしたい」と抱負を語ります。

『乗ってみたい!空飛ぶ「未来のタクシー」』動画はこちら

この映像と記事はテレビ東京「ゆうがたサテライト」(2019年8月5日放送)の内容を配信用に再構成したものです。

テレビ東京の経済報道番組とTBSの「がっちりマンデー!!」を"早見"できる「パラビジネス 見て得する!サクッと経済」は毎日配信中。

(C)テレビ東京

パラビジネス 秋のキャンプ特集
「ひとりキャンプ」で食って寝る人が増加
キャンプ料理道具ランキング
スノーピークが仕掛ける新グランピング施設
秋に行きたい味覚狩りランキング
ドラマもキャンプ!
『ひとりキャンプで食って寝る』