『「内臓脂肪を減らす」ノンアルビール』映像はこちら

これまでの機能性ノンアルコールビールは、"脂肪や糖の吸収を抑える"というものでした。

対してサントリーのオールフリーは、ローズヒップ由来のティリロサイド成分を配合することにより、ティリロサイドの特徴である「内臓脂肪を減らす」ことを打ち出しました。

直接的な表現をすることでビール好きの悩みを狙い撃ちした超機能性商品です。

20190828_business_02.jpg

理由がありました。

ノンアルコールビールは酒税がかからない上に、2019年10月に予定されている消費税増税でも、軽減税率8%の対象になっています。それでも、市場はここに来て成長に一服感が出ています。

そこで新たな進歩が求められています。

20190828_business_03.jpg

キリンも発売前のパッケージ案には「お腹まわりの脂肪を減らす」の文字が。ビールに使う原料の健康機能を研究しているキリンでは、世界で初めて、ホップを熟成する過程でつくられる成分に、脂肪を減らす効果があることを確認しました。

キリンホールディングス R&D本部 健康技術研究所の山崎雄大さんは「他社との比較は難しいが、熟成ホップについては自信を持って機能性がある」と、言います。

『「内臓脂肪を減らす」ノンアルビール』映像はこちら

この映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年6月17日放送)の内容を配信用に再構成したものです。

テレビ東京の経済報道番組とTBSの「がっちりマンデー!!」を"早見"できる「パラビジネス 見て得する!サクッと経済」は毎日配信中。

(C)テレビ東京

【こちらもオススメ】
「睡眠改善アプリ」で眠りは変わる?
ゴミが出ない通販サイト 箱も容器も再利用
野球好きでなくても楽しい球場ランキング