『「小顔グッズ」ランキング』映像はこちら

たるんだ顔をキュッと引き締める「小顔グッズ」ランキング

(東急ハンズ渋谷店 売上数ランキング 4月26日~5月26日集計)
非家電部門
5位 プーペコ ほっぺのエクササイズ(YU-2企画)648円
4位 スリムマウスピース(ノーブル)918円
3位 遠赤外線ローラー ポイント用(ベス工業)864円
2位 ヴィザージェ フェイシャルローラー(満天社)1,296円
1位 かっさリフトプレート(コジット)1,598円

非家電部門5位の「プーペコ ほっぺのエクササイズ」は、発売から10年以上安定した人気を誇っています。使い方は簡単。プーペコを口にくわえ、呼吸をして、ほっぺをふくらませたり、へこませたりを繰り返すだけ。

プーペコはこれまでに約60万個、1億2,000万円売り上げました。

20180827_business_02.jpg

そして1位はこちらもロングセラーのひとつ、かっさリフトプレート。"かっさ"とは中国の伝統美容法。表情筋に合わせてさするだけで血行を良くしコリをほぐします。

家電部門
5位 WAVY(ヤーマン)3万2,400円
4位 アセチノディープコア クリーム付(ヤーマン)1万6,200円
3位 フェイシャルポイントケアブラシ(フェスティノ)3,780円
2位 ビューティーバー(エムシービケン)1万8,144円
1位 メディリフト(ヤーマン)2万7,000円

20180827_business_03.jpg

家電部門1位は顔に装着するだけでリフトアップケアができる、メディリフト。

2年かけて開発したというメディリフトのポイントは、頬の部分についた電極部分です。

電気刺激により筋肉を鍛えるEMSを搭載。頬を引き上げる「大小頬骨筋(きょうこつきん)」を鍛える刺激と、使いすぎるとエラ張りの原因になる「咬筋(こうきん)」をほぐす刺激の、2つの異なる電気刺激を組み合わせています。

強さは6段階で調整可能、1回あたり10分で終了。ヤーマン ブランド戦略本部の吉田誠さんは「ウエアラブルでより手軽な商品が求められていく。時間を短くして結果を出すのが開発の課題」と話します。

『「小顔グッズ」ランキング』映像はこちら

この記事と映像はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年6月26日放送)の内容を配信用に再構成したものです。

テレビ東京の経済報道番組とTBSの「がっちりマンデー!!」を"早見"できる「パラビジネス 見て得する!サクッと経済」は毎日配信中。

(C)テレビ東京

【こちらもオススメ】
「睡眠改善アプリ」で眠りは変わる?
ゴミが出ない通販サイト 箱も容器も再利用
野球好きでなくても楽しい球場ランキング