「"インスタ映え"の次は"インスタ買い"」映像はこちら

写真や動画を投稿するアプリ「インスタグラム」。有名人やフォロー数が多く影響力のある人たちのインスタ映えする投稿を見て店を選んだり、買い物する人も多いのではないでしょうか?

こうしたインスタグラムを利用した"インスタ買い"を促す新たなサービスが急速に広がっています。

インスタのショッピング機能は、投稿写真に商品名や価格のタグを付けることができ、それをタップすると商品を販売するブランドのオンラインショップに移動できるというもの。

インスタの利用者は、投稿された画像を何気なく見て、衝動買いするケースが多いといいます。

20190815_business_02.jpg

大阪市にある和気文具は、1926年に紙問屋として創業し、2015年から「インスタ」に投稿を始めてからファンを増やしてきました。なかでもショッピング機能が大きな転機になったといいます。

文房具を使用しているイメージや、使ってみたくなるシーンを数多くアップし、それを見た多くの人たちが和気文具のサイトにアクセスするようになり、売り上げは約2倍に!

20190815_business_03.jpg

和気文具の社員でインスタ担当の今田さんは、現在子育て中のため在宅勤務。自宅の一室から週2回のペースで投稿しています。

この日の投稿は、ボールペンと手帳の紹介。さまざまな色を使い、手帳にななめの模様を描いていきます。完成したのは、いろいろなパターンのモチーフ。

やはりインスタだからこそ、"映える"ことを意識しているといいます。

商品や使用シーンを提案した写真や動画を撮影し、最後にショッピング機能のタグを付けて投稿します。

20190815_business_04.jpg

和気文具のインスタのフォロワーは、現在11万人。インスタを運営するフェイスブックは、インスタ買いを利用する企業が今後さらに増えると期待しています。

フェイスブック日本法人の長谷川晋さんは「ウインドウショッピングのように、発見する、知る、買うまでをインスタで皆さんに楽しんでほしい。」と話します。

「"インスタ映え"の次は"インスタ買い"」映像はこちら

この映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年6月7日放送)の内容を配信用に再構成したものです。

テレビ東京の経済報道番組とTBSの「がっちりマンデー!!」を"早見"できる「パラビジネス 見て得する!サクッと経済」は毎日配信中。

(C)テレビ東京

【こちらもオススメ】
年間600万個売れる!福岡の超不思議な地元アイス
大阪のバカ売れアイスは「大量買い」が当たり前!
和歌山県民が愛する「緑のアイス」とは!?