「5秒で採寸 ワコールが新ブラジャー店舗」映像はこちら

下着メーカー大手のワコールが次世代の専門店をオープンしました。キーワードは3Dです!

東京・渋谷区の東急プラザにオープンしたワコールの次世代ショップ。一体ナニが次世代なのでしょうか。その特徴は、客が1人で下着選びができる「3Dボディースキャナー」が設置されています。

20190807_business_02.jpg

個室で下着姿になり、指定の位置に立つと設置されたセンサーが、正確な体のラインを計測します。 わずか5秒で計測し、体の特徴がわかるように3D画像で映し出してくれるのです。もちろんバストのトップとアンダー、ウエストのサイズも表示してくれます。

20190807_business_03.jpg

さらに、データをもとにその人に合ったブラジャーの商品がタブレットに表示され、その場で購入できる仕組みです。店の人にサイズを測られるのは少し恥ずかしいという人にも適したサービスです。

近年、婦人下着市場は、急成長するユニクロがワコールを抜いて国内シェア1位となっています。今回ワコールは、商品開発とともに、客目線に立ち、商品が選びやすい店作りにも力を入れるとしています。

「5秒で採寸 ワコールが新ブラジャー店舗」映像はこちら

この映像と記事はテレビ東京「ゆうがたサテライト」(2019年5月30日放送)の内容を配信用に再構成したものです。

テレビ東京の経済報道番組とTBSの「がっちりマンデー!!」を"早見"できる「パラビジネス 見て得する!サクッと経済」は毎日配信中。

(C)テレビ東京

【こちらもオススメ】
なぜ安い?価格1100万円の「箱型住宅」
米で話題沸騰"こんまり流"片付け
トヨタ・スープラが17年ぶりに復活!