20190426_nikkei.jpg

瀧口:いくつの時に起業されたんですか?

出村:高校3年生で卒業する前に起業しました。

瀧口:長安さんも高校生の時に。

長安:僕も高校3年生の時に起業しました。

瀧口:同じ頃ですね。

奥平:お二人とも起業しようと思った時、ヒトモノカネが必要だと思うんですが、その辺りはどうされたんですか?特に開発資金がかかりますよね。どこから出ているんですか?

20190426_nikkei.jpg

出村:今私は孫正義育英財団という若手の25歳以下の異能を支援するという財団に入っていまして、そちらで研究開発費は支援を受けています。

奥平:なるほど。

瀧口:そちらは何歳の時に入ったんですか?

出村:19歳の時に入りました。

奥平:大学には結局進学されなかったんですか?

20190426_nikkei.jpg

20190426_nikkei.jpg

出村:していません。高校を卒業して起業しました。高校時代から大学の研究所でロボットの開発研究員をやったり、高校3年生の時にシリコンバレーで少しエンジニアとして勤務した経験もあって、それらの経験を見るに大学に行かなくてもロボットで起業はできるんじゃないかなと。

奥平:孫さんの財団は大学行ってない人をサポートするという財団じゃないですよね。

出村:あまりそこは明確化していないですね。

奥平:シリコンバレーだとPayPalを作ったピーター・ティールがドロップアウトファンドみたいなものをやっていて、彼らは大学はいらないからそんなことするよりはどんどん起業しろと。そのための金は出したるとやってますけど。結果としてそういう形になってますよね。

20190426_nikkei.jpg

瀧口:長安さんは実際にどういうことをされているんですか?

長安:僕の会社は実際のロボットを作っておらず、ロボットのアプリケーションを作ったり販売したりサポートをしています。理由としてはロボットを作りたいメーカーがいて、それを使いたい人もいると。でもその間に立つ人がいない。もしくはそこに大きな溝があるという所に課題を感じているので、自分自身はロボットを作らずに使いたい人と作りたい人をつなぐ役割として会社をやっています。

奥平:長安さんのところは今、何らかの売り上げを得る手段はあるんですか?

長安:あります。ソフトバンクさんもそうですが、物流ロボットもやっていて、物流ロボットの販売とサポートもしています。

奥平:それはきちんとお客さんがついて売り上げも立っていると。

長安:はい。

瀧口:それは産業用ロボットというくくりになるんですか?

長安:どちらかというと産業寄りですが、僕が作っているロボットはより人間に近い距離で作業できるロボット。本来の作業用ロボットはしっかりと柵がないと動かしてはいけないんですが、(当社では)人が移動していても一緒に走行できるような、より協業できるようなロボットを扱っています。

奥平:長安さんのところは事業資金はどういう形で取られているんですか?

長安:最初はもちろん高校生でお金もなかったので、両親が今まで貯めてくれていたお年玉を全部使って資本金にしました。その1年後くらいに東証一部の会社から資金調達をして。それが1年前ですね。

奥平:それは高校を卒業された後ですか?在学中?

長安:卒業した後ですね。大学生になってからです。

奥平:今は大学生?

長安:大学生です。

奥平:こういう基本的なことを聞かないといけない(笑)。

瀧口:どちらから資金調達をされたんですか?

長安:ライク株式会社という人材派遣をやっている会社からです。どちらかというとパートナーシップのような形で協業してやっていこうと。

奥平:ちなみにいくら調達されたんですか?

長安:700万円です。

瀧口:人材派遣の会社がなぜロボットに注目されたんですか?

長安:人材派遣でも人が集まらないので、「人が集まりません、私たちここまでです」というよりは、「ロボットがあるのでいかがですか?」という提案の一種として使えるんじゃないかということです。

瀧口:長安さんもすごく孫さんに影響を受けているというお話を聞きましたが。

20190426_nikkei.jpg

長安:孫さんと初めて出会ったのはネット経由だったんですが、小6の時にソフトバンクの決算発表会を見て。

瀧口:小6の時に決算発表会を見てたんですか!へー!

20190426_nikkei.jpg

長安:孫さんのプレゼンに惹かれてそれ以来毎回見ていて、その流れでPepperの発表を見てロボットがこれから来るんだ、と思ってロボットで起業したのがざっくりとした略歴です。

奥平:2014年ですよね。たしかPepperが発表されたのが。

長安:6月ですね。

奥平:舞浜のアンフィシアター。

瀧口:取材されていたんですか?記憶が鮮明ですね。

奥平:その時担当をしていました。最後まで事前に分からなかったのが、2足歩行するかどうかという話をずっとしていて。Pepperは2足歩行ではないんですよね、厳密にいうと。

瀧口:Pepperって私実際にどういうことができるのかよくわかっていないんですが、これは勝手に動くことはできないんですよね?

長安:移動することはできないです。僕の会社が作っているアプリを入れると移動することができるようになります。