20190412_STARTUP.jpg

瀧口:こちらがその電動バイクですね。

20190412_STARTUP.jpg

中澤:はい。発売開始したのが2年前になりますね。今もまだ人気で。

瀧口:すごいかっこいいですね。

中澤:この中心部分にバッテリーが入っています。

瀧口:結構細いですよね。

20190412_STARTUP.jpg

中澤:ここを開けると取り外せます。バッテリーだけでも充電できますし、プラグが挿せるので本体ごと充電もできます。

奥平:電動アシスト自転車っぽいですよね。電池のサイズ感とか。

瀧口:電動アシスト自転車のバッテリーってもっと大きいイメージですが、結構コンパクトなんですね。

中澤:(バッテリーが)縦に長くなっているんですね。

瀧口:だからこんなにかっこいいデザインなんですね。

奥平:これは1回の充電でどれくらい走れるんですか?

中澤:40kmくらい走りますね。

瀧口:ちょっと乗ってみたいですよね。

奥平:どうぞ。

瀧口:乗ってみたいんですが、私バイクに乗ったこと無いんですよ(笑)。

奥平:普通免許持ってると乗れますよ(笑)。

瀧口:免許は持っているんですが非常に不安なので、奥平さん(笑)。

奥平:じゃあ私乗りましょうか(笑)。

瀧口:乗られますか?

奥平:今は乗らないですけど(笑)。経験はあります。ヘルメットもかぶるんですね。

20190412_STARTUP.jpg

中澤:本体のバッテリーの電源がありまして、これだけだと画面が付かないので、これがONになっている時に画面のボタンを長押しします。

奥平:家電みたいですね。

中澤:これでハンドルのスロットルを回すと動いちゃうので、一回消してからまたがってください。

瀧口:デジタル感がすごいですね。

20190412_STARTUP.jpg

奥平:長押しをして。おお、動く動く。

20190412_STARTUP.jpg

奥平:加速が電動だからすっとできて面白いですよ。

瀧口:最初の初速がつきやすいんですね。

奥平:ちょっと普通の原付を想像すると加速が良すぎるみたいな感じですけど(笑)。

中澤:最初の加速も実は調整できて、今は4で一番速いモードになっていました。先ほどの電池の取り外しと一緒で、ロックを外して、座面を上げるとどうなるかというと。

20190412_STARTUP.jpg

瀧口:そうくるんですか。

中澤:半分に折れた状態でロックが出来るので、持ち運べます。

奥平:ちょっと持ってみてもいいですか?20kgくらい?

中澤:20kgくらいですね。

20190412_STARTUP.jpg

奥平:ああ、ありですね。サッと持ち上げてワゴン車のトランクに入れられますね。

20190412_STARTUP.jpg

奥平:今まで一番売れたものって何ですか?

20190412_STARTUP.jpg

中澤:数としてはスマートフォンが一番売れましたね。

瀧口:バイクは何台くらい売れましたか?

中澤:1000台限定で販売して、1000台全て完売しました。

奥平:1000台も売れたんですか。

瀧口:どういう方が買われたんですか?

中澤:飛びつき層というかバイクが大好きな方がコレクションとして買われることも多かったんですが、後半はじわじわとユーザー層も変わってきて、主婦の方やおじいちゃんおばあちゃんも買ってくださいました。実際に店頭で販売をさせてもらったこともあるんですが、お話した方の中には70歳くらいの方もいらっしゃいましたね。幅広い層の方に買っていただきました。

20190412_STARTUP.jpg

瀧口:商品を見ているとデザインも素敵でクールなイメージなんですが、全部に通じるブランドのコンセプトはあるんですか?

中澤:とにかく私たちが今から作る家電というのは嗜好品だと思っています。なので嗜好品として持ってもらった時の満足度が高いもの、楽しいな、面白いなと思えるポイントを、製品の見た目からもそうですし、使った時の幅の広がり方という意味でも持ってもらえるように商品企画をしています。

瀧口:必需品じゃない家電ということですね。

奥平:と言ってるそばから、もう燻製はいけるんですかね。

中澤:そうですね。皆さん生ハムは食べたことありますよね(笑)。

奥平:もちろんあります(笑)。

中澤:なので食べていただいたら違いが分かっていただけると思います。

奥平:熱くないですか?

中澤:全然熱くないです。

瀧口:煙が出てきてますね、いい香り。本当にバーベキュー気分ですね。

中澤:こちらもどうぞ。

20190412_STARTUP.jpg

瀧口:では生ハムからいただきます。

奥平:あ、燻されていて全然違いますね。

瀧口:美味しい。

中澤:ちょっとしっとりした味になりますね。

瀧口:このひと手間かけた感じがいいですね。これはお料理上手になった感じになりますね。

中澤:ぜひポップコーンも食べてみてください。

瀧口:ポップコーンの燻製って想像つかないですね。初めてです。

奥平:あ、これ美味しい。なんか高いポップコーンの味がしますね。

瀧口:高級感が出るんですね。

中澤:これ全部コンビニで揃えてきた100円台のものなんですが。