20190207_STARTUP.jpg

瀧口:実際の画面を見せていただくことはできますか?

20190207_STARTUP.jpg

柴山:これがウェルスナビのページです。

20190207_STARTUP.jpg

柴山:初めに無料診断がありまして、口座開設をしなくても使えますが、いくつか簡単な質問に答えていただくだけで資産運用の目標と道筋をシミュレーションしていくことができます。

20190207_STARTUP.jpg

20190207_STARTUP.jpg

柴山:早速始めてみましょう。年齢、年収、金融資産額、毎月どれくらいの積立をしていきたいか、資産運用の目的、もし1カ月で株価が20%大きく下がったらどうするか。

奥平:一番下に追加投資を行うという選択肢がありますね。アグレッシブですね。

20190207_STARTUP.jpg

柴山:どうしたらいいかわからないとか、一部売却しちゃう方が多いかな。とりあえず「何もしない」を選択します。そうするとシミュレーションの結果が表示されます。設定を変えて例えば多くの方が3000万円くらいの目標を持っていらっしゃると思いますので、最初100万円でスタートしますと。

20190207_STARTUP.jpg

柴山:今質問に答えていただいてリスク強度が5段階中で5とか出ましたので、リスク強度5で100万円でスタートした場合、30年間運用しても3000万円という目標を達成する確率はゼロという結果が表示されています。他にも100万円が30年後に30%くらいの確率で620万円以上になりますとか、70%の確率で少なくとも265万円以上に増えていきますね、とか。

瀧口:分かりやすいですね。

20190207_STARTUP.jpg

柴山:重要なのはまず目標を10万円くらい仮置きでいいので設定していただいて、その目標に達成するにはどういう資産運用の道筋があり得るんだろうとインタラクティブに考えられることです。なかなか普段そういう機会がないと思うんですね。例えば最初300万円でスタートするとどうなるか。そうすると(3000万円の目標を達成する確率は)14%。少し上がりました。ではもっと上げて500万円にしてみましょうか。

瀧口:最初の投資額が500万円。

20190207_STARTUP.jpg

柴山:そうです。これは31%です。約30%の確率で3000万円の目標が達成できる。ある程度幅を持って予測するわけです。

瀧口:確率がちゃんとこうやって数字で出るのがすごいですね。

柴山:数字自体はいろいろなデータを集めてきてそれをベースにしています。一定の幅があるんですけど、ある程度の合理性を持って予測することが可能なんですね。

20190207_STARTUP.jpg

瀧口:あと気になったのが、リスク許容度。これはどういうことなんでしょうか。

20190207_STARTUP.jpg

柴山:これはリスクをどれくらい取るか。取れるかと取るべきか、の二つで考えていきます。このリスク許容度によって何が変わるかというと、資産運用する時の中身が変わるんですね。このグラフの青い部分が株式で、緑が債券や金や不動産など、株式以外の資産です。リスク許容度が5段階で一番高い5にすると、株式の割合が高いポートフォリオになるわけです。

瀧口:青が80%くらいなんですね。

柴山:これが例えばアメリカですと、若い30歳の人が今後30年間資産運用していくというときは株式90%くらいでいいんじゃないかといわれているんですね。これは若干株式の割合が低いんですけど、8割近く株式になってきます。

瀧口:これならできそうな気がしてきますね。

奥平:実際これを入口に、口座を作っていくということになるわけですか。

柴山:そうですね。口座を作って運用プランを最初に決めておくわけですが、入金をしたり毎月の積立金額を設定すると、全て自動的に資産運用が完結するという感じです。

20190207_STARTUP.jpg

柴山:最後に一点だけ。先ほどのシミュレーションの続きで、例えばリスク許容度は5のままで300万円を500万円に増やすとします。そうすると(3000万円の目標達成確率が)30%に上がっていますよね。でも最初から500万円で運用していくのって結構勇気がいるんじゃないかなと。特に投資の初心者の方はいきなり500万円というのはハードルが高いと思うんですよね。

20190207_STARTUP.jpg

20190207_STARTUP.jpg

柴山:なので最初は思いっきり下げて10万円にして、その代わり毎月の積立額を3万円にすると、さっき500万円でスタートした場合の3000万円の達成確率が30%だったんですが、10万円でスタートして毎月3万円積立にすると36%に可能性が上がっているんですね。

20190207_STARTUP.jpg

柴山:次に例えば毎月の積立額を5万円にしてみる。401kで毎月数万円積み立ててる方も多いと思うんですけど、この場合は達成確率が76%に上がるんです。

瀧口:へー!

柴山:ですので、先ほど「長期・積立・分散」と申し上げましたけど、ある程度の額を毎月積み立てる場合、最初500万円からスタートするか100万円からスタートするかは実は誤差なんです。