奥平:実際に導入されているお店がもう随分あるということですが、映像があるんですよね。

瀧口:横浜のとあるお店をご覧いただきましょう。


奥平:どこかの郊外ですかね。住宅街のような。スーパーがありますね。これは何屋さんですか?

20180808_nikkeitlx05_06.jpg

瀧口:とりサブロー。

奥平:から揚げ。随分庶民的と言いますか。おいしそうですね。

瀧口:結構大きいから揚げですね。

20180808_nikkeitlx05_07.jpg

瀧口:あ、これは画面になっていますね。

新田:これはスマホから入った注文がインターネットを通じて、このiPadに届いているところです。

奥平:なるほど。普通は紙で(注文が)回ってきますね。

20180808_nikkeitlx05_08.jpg

奥平:スマホで注文しているところですね。メニューを選ぶ。スクロールするといろいろ出てきますね。バラエティパックMサイズ。雰囲気としてはネットショッピングみたいですね。

新田:そうですね。非常にECに近い注文フローです。

20180808_nikkeitlx05_09.jpg

奥平:そこへ頼むとこっちにオーダーが入ったというのが出て、注文しておいて決まった時間に画面見せれば受け取れるわけですか。

20180808_nikkeitlx05_10.jpg

新田:リアルタイムで注文が入っているので、揚げたてを受け取ることができます。

瀧口:できたてというのがいいですね。

20180808_nikkeitlx05_11.jpg

塩飽マネージャー:当店は揚げ置きを一切していないので、限られた時間の中でお客様がお食事をされる時に、待ち時間なく受け取れるのというのが一番大きいですね。また、アプリ限定のメニューもありますし、日によってはアプリのお客様だけに割引サービスを実施しているので、非常にご好評をいただいております。初めてお越しいただくお客様にも今後はO:derのアプリをご利用いただいて、とりサブローを便利に使っていただけたらと思っています。

奥平:お店はタブレットを使っていますね。

瀧口:皆さんiPadを使いこなしていらっしゃいますね。お店の一部という感じです。

新田:非常に高速回転で回しています。

奥平:いつでも揚げたてが待たずに買えるというコンセプトですね。冒頭に見せていいただいたアプリでは、コーヒー屋さんでおしゃれな雰囲気のお店でしたが、こちらは生活に根差しているお店でしたね。実際にお店から見ると何割くらいの方がアプリを使っているのでしょうか?

新田:様々なお店で提供させていただいておりますが、多いところでは30%~40%がモバイルオーダーになっているケースが出てきていて、非常に増えている状況です。

奥平:じわりと郊外で広がっているわけですね。

新田:特に都会や都心圏だけで流行るものではなくなっている印象があります。

瀧口:今後はどういう展開を期待されていますか?

新田:今、すでにファーストキッチン・ウェンディーズさんでは、モバイルオーダーで頼めるようになっています。また、餃子の王将さんも、私どもがご支援させていただいています。現在は、クーポンが使えるアプリを提供していますが、今後、機能をさらに追加していく予定です。もうしばらくするとモバイルオーダーができる店舗が増えてくるのではないかと思います。

瀧口:便利になりそうで楽しみですね。